ホーム>コンテンツ>化粧水をつけるコツ
コンテンツ

化粧水をつけるコツ

化粧水をつけるコツ

保湿化粧水を使っているのに、肌への浸透が実感できないという方は多いでしょう。化粧水のつけ方を変えることで浸透力がアップします。こちらでは化粧水をつけるコツをご紹介したいと思います。ハリつやのある美肌を目指す方はご一読ください。

手のひらでつける

化粧水に限らず、美白美容液や乳液は、コットンではなく手でつけることをおすすめします。どんなに上質なコットンを使っても、繊維の刺激で肌に小さな傷ができてしまうといわれています。角質層が傷つくと肌のうるおい成分が流れ出してしまい、乾燥肌や老化の原因になる場合があります。手が化粧水の栄養を吸いとってしまうという話がありますが、手のひらの角質層は顔よりもはるかに厚いので、そう簡単に吸収することはありません。

基本的なつけ方

化粧水を手のひらにとったら、顔全体にさっとなじませます。中指と薬指を使ってマッサージをする感覚で優しくなじませていきます。なじませる方向は、顔の内側から外側、下から上が良いでしょう。鼻は上から下へなじませましょう。仕上げに、目のまわりとフェイスラインを軽く指で押さえてなじませてください。肌を優しく包むようにして、なじませるのがポイントです。

ワンランク上のつけ方

化粧水は、両手でしばらく温めることで肌になじみやすくなります。手からこぼれないように気をつけながら行いましょう。乾燥が気になる箇所は何回か重ねづけをすると良いでしょう。仕上げに肌の状態をチェックして、手のひらに肌が吸いつくような感じになれば完了です。間違ったスキンケア方法で多いのがパッティングです。力を入れて叩くと肌が傷ついて、シミや炎症を招くおそれがあります。肌のハリをキープするためにも、決して叩かないようにしましょう。

NOOMでは保湿化粧水を販売しています。とろんとしたテクスチャーなので、美容液感覚でご利用いただけます。全成分は商品紹介ページに掲載しておりますので、安心してお買い求めいただけると思います。是非一度お試しください。