ホーム>コンテンツ>クレンジングで気をつけたいこと
コンテンツ

クレンジングで気をつけたいこと

乾燥肌や敏感肌にお悩みの方は、クレンジングを見直すことで状態が良くなるかもしれません。こちらでは、クレンジングにおいて気をつけたい事項をまとめました。参考にしていただければ幸いです。

ファンデーションを使ったら必ずクレンジング

最近のメイクアップ料は汗や水に強いので、洗顔料だけでは落ちにくいです。ファンデーションを使った日は必ずクレンジングを行いましょう。ノーメイクの日でも、顔から分泌される皮脂や、料理をしたときに飛んだ油、スキンケアで使用した保湿クリームの油分などで、肌には油性汚れがついています。普通の洗顔料では、水性の汚れしか落ちません。メイクをしない日でも、クレンジングを疎かにしないようにしてください。

強くマッサージをしない

毛穴の汚れを取ろうと、クレンジング剤で肌を強くこすってマッサージをする方は多いです。しかし、それでは洗剤で肌を刺激しているようなものです。毛穴の汚れは、外からこすってもほとんど取れないといわれています。角質をとりすぎないためにも、肌は強くこすらないことが大切です。

シート状、拭き取りタイプには要注意

シート状、拭き取りタイプには要注意

時間がなくても手軽に使えるという理由から、シート状タイプや、拭き取りタイプのクレンジングが人気です。しかし、このようなクレンジングは最も肌を傷めてしまいます。毎日使っていると赤ら顔の原因になったり、シミを作ってしまう可能性があります。肌に優しいといえるのは、こすらず洗い流せるクレンジングジェルです。

価格や手軽さよりも質で選ぶ

お値段の安さや、簡単さでクレンジング剤を選ぶのは厳禁です。クレンジング剤が少しでも自分の肌に合っていないと、どんなに良いスキンケアをしても肌は美しくなりません。質にこだわって選ぶことが大切です。

通販でクレンジングジェルをお探しなら、NOOMにお任せください。ジェルなのに肌になじむという新感触のクレンジングジェルです。洗い流した後のつるつる感には、きっとご満足いただけると思います。