ホーム>コンテンツ>プラセンタの摂取量と副作用
コンテンツ

プラセンタの摂取量と副作用

美肌を目指す方なら、今話題のプラセンタに少なからず興味をお持ちだと思います。植物プラセンタ(植物性プラセンタ)も人気を博しています。こちらではプラセンタを使うにあたって知っておきたい、摂取量と副作用の知識をお伝えします。

プラセンタの摂取量

プラセンタは原料の特性によって、かなり違いがあります。豚由来と馬由来では、含まれているアミノ酸の量や種類が違います。また、エキスを何倍に濃縮しているかによっても効果は変わってくるでしょう。商品のパッケージには、プラセンタエキスの配合量が明記されていると思います。まずは、摂取目安量を超えない量を摂取することが基本です。 そして体調の変化や気分など、自分との相性をしっかり確認することが大切です。美容や体質改善が目的という方は夜に、その日を元気に過ごしたいという方は朝に摂取すると、効率が良いのではないでしょうか。使うのが初めての方は、プラセンタの配合量が低めのものから使ってみることをおすすめします。慣れてきたら必要に応じて摂取量を増やしていくと良いでしょう。植物プラセンタは安全性が高いので初心者の方におすすめです。

プラセンタの副作用

プラセンタによる副作用は、基本的にはほとんどないといっていいでしょう。重篤な副作用が出る心配はない成分だと考えられています。まれに、かゆみ、胃もたれ、ニキビ、むくみなどの症状が出ることがあります。そのような場合は摂取量を減らして様子を見ましょう。目安量を守って継続的に摂取するうちに、症状は出なくなることが多いです。 プラセンタのサプリメントを摂取したり、プラセンタ化粧品を使ったりすると、一時的に肌の状態が悪くなったように感じることがありますが、これは「好転反応」といって良くなる前の一時的な反応である場合が多いです。しかし最近では、馬や豚のプラセンタエキスを多く配合している化粧水や美容液、サプリメントもあるようです。不快な症状が続く場合は、低含有のものに変えたり、植物プラセンタに変えたりして負担を減らすようにしてください。